和紙漉き伝承者佐々木清男師匠支える「十文字和紙和紙愛好会」のメンバーの一員として椿の刈り入れや蒸し作業、皮むきまでの要所要所の作業に関わっています。十文字町の小中学生や地域住民を対象に今年も紙漉き体験を実施し、啓発に努めています。
素朴で丈夫は秋田県の十文字和紙を作業工程などをパネルや冊子等で紹介します。柿渋クルミなどの自然素材での染め紙多数。絞り染めや、たたみ染め、特に型染めは模様の種類も数も充実。藍の生葉染め和紙を使った帽子の新作も仲間入りしました。
「伝統和紙をもっと身近に普段使いに」をモットーに和紙の品格を損なわないような、丁寧な作品づくりを心掛けています。
和紙の帽子、小皿、和紙の張籠、名刺入れなどの小物。

http://washi-wayu.blogspot.com/

hirowa@sea.plala.or.jp

秋田県

出展作家紹介に戻る